大量に溜まるパンフレットの処分が大変で・・

私自身、色々な製品情報を手に入れる為、それらを販売する店頭ではよく製品のパンフレットを必ず貰ってきて一度は目を通します。そういう事を習慣にすると知識は増えるものの、一方あまり有難くない物も増えてきてしまいます。
それが不要となったパンフレットの山。
実際にその製品を購入するに至るまでは大変参考になり便利ではあるのですが、購入の候補から漏れてしまった製品や、購入後相当年月が経過したパンフレットはどうしても不要となってしまい、程無くゴミとして溜まっていってしまうのです。
かつては資源ごみとして、新聞紙と一緒に束ねて定期的に出していたのですが、それでも間に合わない上束ねる作業も面倒。ですから最近ではパンフレットが数冊溜まった段階で細かく破り、燃えるごみとして出してしまっているのです。
その方が早いペースで処理出来て便利な上、冊子を束ねる紐やガムテープの節約にも繋がります。
もっとも、検討と決断を早くして製品購入を即決したり、メーカーサイトの製品紹介をもっと活用すべきなのでしょうが・・。
ギフトがおススメの財布