男を見る目がなかった私の話

今も、と言われればそれまでですが、今はきっと違うと信じて…。初めて男性と付き合った時、私はいわゆる「男を見る目がない女」でした。

【お泊りデート】生理・親・服装の悩み

若干の焦りもあったんです。高校生の頃から彼氏がいる友達だっていたのに、私は20歳を過ぎても男性とお付き合いした事がなかったせいで。当然、男慣れもしていません。
失恋した男友達を慰めているうちに絆されてしまって、それが恋愛感情に変わった…のかどうか、今となっては定かではありませんが、とにかく、彼の事を好きだと思い込んだ私は、彼にのめり込みました。今考えても、随分と都合の良い女です。
決して付き合っているという関係ではないのに。彼女になれたわけではないのに。
それでも一緒に居られるだけで嬉しかったんですね、当時は。
そのせいで、散々痛い目をみました、救いだったのは、精神的に傷ついただけで、例えば金銭面だとか、そういった被害がなかった事でしょうか。
どう思い出しても、全く良い思い出ではないのですが、でも私はその時、当然の事を身を以て学びました。
耳障りの良い言葉を口にして、はっきりとした関係性を示さない男には、二度と騙されてはならない事を。
皆様も、曖昧な関係を続けようとする男性にはご用心を…。